HOUSE OF FP

松田組が手がけるFPの家

「FPの家」を
オススメする理由

「FPの家」は断熱性トップクラスのウレタンパネルを使うことで、
夏は涼しく・冬は暖かく快適に過ごすことができます。
まさに、季節による寒暖の差が大きい山形にピッタリの家なのです。
新発想の遮断パネルで夏の屋根温度70℃を30℃までに抑えます。
ロフトや天井裏が有効に利用でき、爽やかで快適な空間に変わります。
さらに、冬も半袖で過ごせる暖かさ。結露やカビの心配もなく、
計画換気システムによって室内が常に快適な環境となりカビやダニも防ぎます。
家中どこでも新鮮で爽やかな空気に、人も住まいも長生きする健康住宅です。
「FPの家」はわずかなエアコンの稼動だけで家中が快適な温度に保たれ、
年間の電気代もお得になります。

日本の家の平均寿命は約26年といわれています(国土交通省 建設白書より)。
家の寿命を左右するのは、結露の問題。
「FPの家」で使用されるウレタンパネルは結露を完全に防ぎ、
木材の腐朽を抑えます。
また、「FPの家」は硬質ウレタンと一体成形したウレタン断熱パネルを、
柱や梁に組み込んでいるため耐震性も優れています。
建築基準法における一般住宅の壁倍率は2.0。
「FPの家」の壁倍率は3.4と1.7倍の強さがあるのです。
さらに、台風などによる強風の場合、柱とウレタン断熱パネルが一体となり、
全体で受け止め力を分散します。
そのため、壁や床の変形が少なく、すぐれた強さを発揮します。
100年先をも見すえた強さと耐久力、さらに一年中健康で快適に過ごせる家。
それが「FPの家」なのです。

松田組が手がける
FPの家

当社は1942年の創業より、長年の事業を通して
南陽市の地盤・気候・風土を知り尽くしています。
南陽の特性を知り尽くしているからこそ、安心・快適に
過ごしていただくための様々な提案ができます。
お客様が求めているものをさらによい形で提案することで、
高品質「FPの家」は生まれるのです。
また、家は建てて終わりではありません。
そこからがお客様とのお付き合いの始まりです。
当社では親身になってお客様のお話を聞かせていただいております。
末永くお付き合いいただけるように、
地元企業ならではのアフターサービスも万全です。
南陽市で「FPの家」を建てるなら、当社にお任せ下さい。


当社では2001年にISO9001(品質マネジメントシステム)
2004年にISO14001(環境マネジメントシステム) の認証を取得しています。
ISOという「国際基準」を取得した企業だからこそ、
お客様に安心と信頼という付加価値を提供できると自負しております。
また、当社はISO14001取得企業として、環境負荷の低減に努めております。
ウレタン断熱パネルを含む各種部材は、
生産工場から施工現場へ直送されるため、
現場でのゴミが軽減されます。
限りある資源を有効に活用することで、地球環境の保護に貢献してまいります。

松田組の
設計力・技術力

南陽市という現場を知りつくした設計士が、
知恵と技を駆使した住まいづくりを実現。
高い技術力でお客様の要望にお応えいたします。
当社ではこれまでの設計のノウハウを活かして、お客様の要望を把握。
常に品質・信頼性、
設計・技術力の向上に努めてまいりました。
お客様の一つ一つの要望にお応えできるのも、
確かな設計力と技術力があってこそのものです。
当社には、お客様の期待に応えるための高い設計力と優れた技術力があります。
そして当社の優秀な人材がそれを支えているのです。

換気、暖房、日射、冷房、通風、間取りをトータルで設計できないと、
高気密・高断熱の良さは生かされません。
松田組はISO9001によって「FPの家」完成までの工程を、
一つ一つ確認検証しながら確実に施工。
社内のコミュニケーションも充実し、
高気密・高断熱の良さを生かした理想のマイホームを実現させます。
他のハウスメーカーさんや、工務店さんでは実現できない高品質「FPの家」は
こうした環境だからできるのです。
さらに、施工後も定期点検のご案内やお宅を訪問させていただくなど、
アフターフォローにも力を注いでおります。
の高い「FPの家」を建てるなら、高い設計力・技術力を持った
当社にお任せください。

本社

〒999-2232
山形県南陽市三間通1248

TEL/0238-43-5311

FAX/0238-40-3355


営業所

〒999-1452
山形県西置賜郡小国町大字五味沢1072-5

TEL/0238-61-9311

FAX/0238-61-9300

© 2018 MATSUDAGUMI INC.